肌の
再生医療の
未来を拓く

第二種再生医療等提供計画承認済
細胞培養加工施設承認済

銀座よしえクリニック
再生医療プロジェクト
の試み

Regenerative
medicine project

現在、いくつかの分野ではすでに臨床段階まで進んで実用化目前のものもあります。

しかし、美容領域における再生医療はこれまで海外製の簡易キットを扱ったり、加工設備に外部発注したものを患者様に提供することがほとんどでした。
データや治療結果の判定も、外から入ってくる情報に任せて実際に効果検証を行うことができることは無く、新鮮な細胞を素早く安全に届ける方法も未確立でした。
私たちは美容皮膚科の先駆けとして、そうした状況をなんとか変えたいとさまざまな試みを行ってきました。

こだわったのは、「国産」「新鮮かつ安全」「自分たちで効果測定」ができる治療です。

Technical
cooperation
確かな評価者・技術者たちに技術連携を依頼しています

確かな評価者・技術者たちに
技術連携を依頼しています

当院では、当法人のグループ会社である細胞応用技術研究所(L-CAT)と再生医療研究の先駆的病院「聖マリアンナ医科大学 井上特任教授」 と技術連携をしております。

「聖マリアンナ医科大学」井上特任教授について詳しくはこちら

細胞応用技術研究所(L-CAT)について詳しくはこちら

Judging
Committee
厚労省より、再生医療の審査を行う特定委員会の認定を取得しています

厚労省より、再生医療の
審査を行う特定委員会の認定を
取得しています

「再生医療等の安全性の確保等に関する法律(平成25年法律第85号)」施行に伴い、再生医療等提供計画の申請には、厚生労働省の認定を受けた認定再生医療等委員会の意見書の添付が必須となりました。

当法人の特定認定再生医療等委員会は、厚生労働省の設置認定を受け、再生医療等提供機関の実施する再生・細胞医療の倫理性、安全性、及び継続の妥当性等を審査するための委員会です。

再生医療委員会について詳しくはこちら

Dedicated
facility
国産の専用施設、細胞プロセッシングセンターを設立しています

国産の専用施設、
細胞プロセッシングセンターを
設立しています

国内トップレベルの細胞培養加工技術

細胞の増殖や管理を行うために、細胞プロセッシングセンター(CPC)では高い基準で微粒子数を減らし、細菌がいない無菌状態の部屋をつくらなくてはなりません。
聖マリアンナ医科大学の再生医療学寄附講座の井上肇先生の指導のもと、クリーンベンチ内はISOクラス5(クラス100)の清浄空気が供給される高い清浄度と、高い品質管理を維持した、国内トップレベルの細胞培養加工技術を提供しております。

細胞プロセッシングセンター(CPC)について詳しくはこちら

Research
activities
「新鮮かつ安全」を追求するために様々な知財・研究活動を行っています

「新鮮かつ安全」を
追求するために様々な
知財・
研究活動を行っています

当院では、再生医療の普及・発展のため、様々な技術を研究活動、及び特許の取得を行っております。
また、再生医療の治療により健康被害が起こった場合の、再生医療サポート保険(自由診療)に加入しています。

再生医療の知財・研究活動について詳しくはこちら

再生医療サポート保険(自由診療)について詳しくはこちら

Treatment List

現在、臨床(患者様に提供)を
行っている治療

肌の再生医療とは、ご自分の肌細胞を用いる治療です。
当院ではCPC-PRP(高濃度プレミアムPRP)による注入治療、皮膚疾患治療のための「自家培養表皮移植メラノサイト保持型」、線維芽細胞の培養による肌の再生医療(線維芽細胞治療)、幹細胞による培養上清点、ヒト脂肪細胞順化培養液エキスによるドクターズコスメまでご提案しております。

pagetop